そろそろ穏やかに暮らしたいビーちゃんのブログ

腸活、マインドフルネス、元気になるヒント、日々感じたことについて綴るブログです。激しい業界にいますが、そろそろ穏やかに暮らしたいです。

チョコバナナオートミール〜あの有名チョコケーキ風になるレシピ

こんにちは。今朝はチョコバナナオートミールをつくりました。ココアと潰したバナナ、それにくるみを入れたら、なんとあの有名チョコケーキ風に!?。スーパーフードと発酵食品をたくさん使ったレシピで、腸活おやつにもおすすめです。食べ応えがあるので、オートミールのとろみ苦手な方にも食べやすいかもしれません。

 

チョコバナナオートミールの材料

  • バナナ:1本
  • 純ココア:大さじ1/2
  • くるみ:5、6粒
  • ベリーミックス:大さじ2(無くてもOK)
  • 乾燥ココナッツ:大さじ1(無くてもOKだけどあるとすごく良い)
  • オートミール:クイックタイプ 35g
  • 牛乳:50cc
  • ヨーグルト:50g
  • 甘酒:30g

f:id:Bee-chan:20210111100657j:image

 

チョコバナナオートミールの作り方

(1)バナナの半分をスライスし、残りの半分はペースト状になるまでフォークで潰します。

f:id:Bee-chan:20210111100732j:image

 

(2)くるみはトッピング用に1、2粒残して、残りは手で砕きます。

(3)スライスしたバナナ、飾り用のくるみ、ベリーミックスの3つを除け、これら以外の材料を混ぜます。クイック(インスタント)タイプのオートミールを使えば、オーバーナイトする(一晩寝かすこと)必要はありません。 
f:id:Bee-chan:20210111100736j:image

 

(4)(3)で混ぜたオートミールを器に盛り、よけておいたバナナのスライス、ベリー類、飾り用のくるみをトッピングしたら出来上がり〜!茶こしでココアをふりかけると「映え」ますよ。

f:id:Bee-chan:20210111100908j:plain

ポイントやコツ

美味しいのはバナナを練り込んでいるから

美味しさの秘訣は、ペースト状のバナナを混ぜ込むことです。オートミールだけだと甘みも風味もありませんが、潰したバナナが補ってくれます。バナナをトッピングするだけじゃなく、こうして練り込むことでスイーツっぽさが出ます。思わず「うーん美味し〜いい」と独り言をいってしまうほど美味しかったです。

くるみは手に入りやすいスーパーフード

くるみのほろ苦さはバナナやココアと合い、クランチーなので噛みごたえもプラスしてくれます。くるみには良質な油であるオメガ3が含まれていて、悪玉コレステロールを減らしたり、血管を柔らかくしてくれるなど、私のような中年にも嬉しい効果がいっぱい!さらに「スーパー」だと思うのは、文字通り「スーパー(マーケット)で買えるから!ダジャレすみません・・。でも、手に入りやすいって重要なことだと思います。最近はコンビニでも見かけますね。

ココナッツはぜひ入れて頂きたい

材料のところに「無くてもOK」と書きましたが、ほんとは是非、乾燥ココナッツを入れて頂きたいのです。理由は二つあって、まず食感が良くなるからです。オートミールは食べにくい、苦手、という方が多いのは、どろっとして食感がないことも理由の一つではないでしょうか。今回はくるみを入れているので完全ドロドロではないけど、ココナッツを入れるとシャキシャキ感が加わって美味しいです。

ココナッツの繊維って、ちょっとジューシーじゃないですか?あれは油分だと思うのです。ということはスーパーオイルとして名高いココナッツオイルってこと?とにかくココナッツを入れればスーパーフードと食物繊維が増し増しになります。便秘対策としても優秀なちょい足しです。製菓材料として売られていますし、ネットでも買えます。 

ココアの入れすぎにご注意

今回のレシピでは、ココアは大さじ1/2しか入れていません。実は、前に大さじ1入れたら多すぎまして、水分を全部吸っちゃってモサモサになりました。私はココアが大好きですし、カカオポリフェノールも いっぱい摂れるからいいじゃない、なんて思っていたのですが、失敗でした。もっとココア入れたいという方は少しずつ増やして調整してくださいね。

あの有名チョコレートケーキとは

ほんのり甘いチョコクリームにほろ苦いくるみが入ってるケーキとは・・、そうです、赤坂Topsのチョコレートケーキです。あんな美味しくて有名なケーキに例えるなんておこがましいのですが、あくまで「風」なのでお許しください。赤坂Topsのチョコレートケーキを思い出したのは、子供の頃の思い出のせいかもしれません。亡き父は甘いものを好まなかったのに、Topsのチョコレートケーキだけは時々買ってきてくれました。後年母に聞いたら、仕事の接待で使ってた店の向いにTopsがあったらしいです。父は46才という若さで早逝しているので、亡くなって30年以上経つのですが、今朝、このココアとくるみが入ったオートミールを食べたら、父に会いたくなっちゃいました。私にはこの味を分かち合える子供はいないけど、体内微生物ビーちゃんたちが喜んでくれていると思います。